焼き入れ加工

目次

焼き入れ加工の特徴

一定以上の温度に加熱してから適切な方法で冷やす加工法で、加工物の強度を高めて衝撃や曲げに対する強度を上げることができます

焼き入れには大きく6種類あります。内部まで熱を加えて全体を硬くする「ズブ焼き入れ」、表面のみを硬化させる目的で行う「表面焼き入れ」、素材に炭素を浸透させてから焼き入れを行う「浸炭焼き入れ」、電磁誘導の熱により焼き入れを行う「高周波焼き入れ」、真空状態で行う「真空焼き入れ」、窒素が染み込んだ部分のみが硬化する「窒化焼き入れ」を目的に応じて採用し、壊れにくくする必要のある自動車部品などの加工に使われます。

【素材別】部品一覧

鉄の焼き入れ加工部品例

鉄/S45C/旋盤加工/高周波焼入れ/円筒研磨
引用元HP:エージェンシーアシスト(https://www.agency-assist.co.jp/service/partsprocessing/297/)

鋼の焼き入れ加工部品例

鋼/SKS3/旋盤加工/真空焼入れ/平行研磨
引用元HP:エージェンシーアシスト(https://www.agency-assist.co.jp/service/partsprocessing/297/)

焼き入れ加工では他にもステンレス、鋼板などの素材の加工も可能です。

焼き入れの種類

冒頭でも紹介しましたが、焼き入れの主な6種類について、それぞれ解説します。

ズブ焼き入れ

ズブ焼き入れは、別名を全体焼き入れという方法。全体、という言葉通り素材全体に熱を加えたあとで急速に冷やし、再度焼き戻してまた冷却します。

ズブ焼きは、素材全体の強度を上げるのが目的です。熱が加わることで、硬度が高くなるほか、引っ張りや圧縮にも耐えられるようになります。焼き入れ時や冷却時の温度や素材によって、硬度は変化します。

表面焼き入れ

素材の表面のみ熱処理する方法です。すると、表面は固くなりますが、内部の硬度は変わりません。熱を加える方法には、高周波・炎・レーザー・電子ビームがあります。

浸炭焼き入れ

炭素を素材表面に浸透させたうえで焼き入れする方法。ガス炭素を用いる方法が良く使われています。炭素が少ない素材に対して行われ、焼き入れをすることで炭素が浸透している表面のみを硬化させられるのが特徴です。内部の硬度は変わらないので、強度と靭性を持たせられます。

窒化焼き入れ

浸炭焼き入れが炭素を使うのに対し、窒化は窒素を素材に染み込ませて焼き入れを行います。焼き入れ時に変形しにくい特徴があるため、精密部品の加工に向いている方法です。

真空焼き入れ

真空状態または減圧した状態で焼き入れを行う方法です。炉の中の空気が無いため、素材を酸化させずに加工できる特徴があり、光沢のある状態を保てます。また、その後の仕上げの工程も削減できるのがメリットです。

焼き入れ以外の熱処理

焼き入れ以外の熱処理には、焼きなまし・焼きならし・焼き戻しがあります。焼きなましは、加工しやすいように素材に熱を加えること。焼きならしは、加工の過程で生じた組織のムラをならすために行われます。焼き戻しは、焼き入れして冷やした素材に再度熱を加えることです。粘り強い素材にするために行われます。

焼き入れのメリット

焼き入れをすることで、素材の強度や硬度、靭性を高められます。破損しにくくなることで、ロスも防げます。自社でできない場合は、外注に出しても行う企業もあるほどです。外注する際には、素材や目的に合わせた方法をとってくれる会社を探すようにしましょう。

焼き入れ加工の依頼は
「加工部品調達会社」へ

加工部品調達会社とは

部品加工の外注に関する業務を一元して代行してもらうことができる業者です。

外注加工先の選定から部品図の振り分け、発注手配・納期管理、品質管理といった一連の業務をワンストップで請け負ってもらえるため、丸投げすることができます

加工部品調達会社へ依頼する
メリット

外注加工に関する業務をワンストップで代行してもらうことができるため、手配や管理にかかる工数を削減することができます。

また、最適な加工先の選定を行ってもらえるため、コスト削減や複雑な部品加工、多品種少量などの対応もお願いすることができます

その他の加工部品例

どこに重点を置きますか?
加⼯部品調達会社
おすすめ3社

多品種の部品に対応できる企業として
実績と提携先が多い加工部品調達会社3社(2021年7月調査時点)をピックアップしました。
「品質」「納期」「柔軟性」観点で、
あなたの会社が一番重要視するポイントから選びましょう。

  • 品質

    作り直しリスクを最小限
    に抑えたい

    エージェンシーアシスト

    • 加工提携企業
      1,000
    • 業界取引実績
      2,710
    エージェンシーアシストの
    特徴

    部品一個、図面一枚から対応可能(500個~1,000個相談などもOK)
    3D図面の見積もりができる
    ③1級・2級機械検査技能による精度の高い検査が可能

  • スピード

    とにかく早く
    納品してもらいたい

    キャディ

    • 加工提携企業
      600
    • 業界取引実績
      1,500
    キャディの
    特徴

    加工部品一式から対応
    ②案件管理システムによってすべての工程を一元管理
    ③社内の見積もりシステムで装置図面一式でもスピード対応

  • 柔軟性

    1工程だけや追加工
    を依頼したい

    テルミック

    • 加工提携企業
      500
    • 業界取引実績
      1,000
    テルミックの
    特徴

    一工程・追加工にも対応可能
    ②自社工場を持っており、設計変更ができる
    既存製品への変更相談が可能

選出基準(2021年7月調査時点)
業界取引実績と加工提携先の記載のある企業の中から、実績と提携先が多い加工部品調達会社をピックアップしています。

エージェンシーアシスト:3社の中で1級・2級機械検査技能士が1番多く在籍しているため
キャディ:3社の中で唯一独自のシステムにより見積りを行い、全国どこでも最短5日で発送できるため
テルミック:3社の中で唯一、1工程のみ追加工対応と記述があったため
なお、各社の提携先企業・業界取引実績は2021年7月に調査したものを掲載しています