【素材別】部品カタログ

アルミの加工

アルミニウムはさまざまな分野や業界で活用されている素材です。鉄や銅の3分の1の重量でという軽さや、鉄の約3倍の熱伝導性といったメリットに加えて、加工しやすいため多くの部品製作に使われます。一方、強度が低いというデメリットもあり、バランスを考えながら素材適正を見極めることが重要です。

アルミの
部品加工に関する詳細はこちら

ステンレスの加工

ステンレスは耐食性や耐熱性、加工性などに優れた金属素材です。さびにくいため水に接しやすい環境に使われることも多く、さまざまな形状に加工しやすい反面、割れるリスクや、強い力がかかると固くなって復元できないという特徴もあります。そのため専門的な加工スキルが必要です。

ステンレスの
部品加工に関する詳細はこちら

SUS303の特徴

SUS303はオーステナイト系ステンレスの1種であり、りんや硫黄が添加されているステンレス素材です。オーステナイト系ステンレスの中でも切削性が向上させられている一方、りんや硫黄の影響によって溶接性が悪くなっているといったことも事実です。なお、SUS303に銅(Cu)を含有させたSUS303Cuも存在しています。

SUS303の
部品加工に関する詳細はこちら

SUS304の特徴

SUS304は日常的に見られるステンレス素材であり、分類としてはオーステナイト系ステンレスに属します。SUS304はSUS303と比較してりんや硫黄の含有量が少なくなっており、SUS303よりも切削性に劣るものの溶接性は高まっています。また、SUS304は耐食性も高められており、水にさらされているような環境でも広く使われることが特徴です。

SUS304の
部品加工に関する詳細はこちら

SUS316の特徴

SUS316はオーステナイト系ステンレスの中でもモリブデンを含有することで耐食性を一層に向上させられている金属です。クロムだけでなくモリブデンも金属の表面に不動態皮膜を形成し、周辺環境による影響を受けにくくすることで耐食性が高められます。なお、SUS316の炭素含有量を減らしてさらに耐食性を高めたSUS316Lもあります。

SUS316の
部品加工に関する詳細はこちら

SUS420J2の特徴

SUS420J2はマルテンサイト系ステンレスの1種であり、含有している炭素量の多いことが特徴です。炭素を多く含むことで他のステンレスよりも錆びやすいといったデメリットがある一方、焼き入れや焼き戻しといった熱処理を行うことで焼入硬化が起こるため、素材としての強度や硬度を高められるという特性もあります。

SUS420J2の
部品加工に関する詳細はこちら

鉄の加工(スチールの加工)

板金加工において一般的な素材である鉄(スチール)は、建築資材や機械部品、工具などさまざまな製品や部品へ加工されています。また、純鉄は酸化しやすく、純度99.9999%の状態で使用されることも特徴です。切断加工・曲げ加工・溶接加工・切削加工など多くの加工に対応しています。

鉄・スチールの
部品加工に関する詳細はこちら

銅の加工

導電性や熱伝導性、耐食性に優れた銅は、低コストでメリットを多く備えている素材です。銅加工では純銅と銅合金に大別され、純度や合金に使われる添加金属によって素材の性質が変わることも特徴です。そのため、銅の加工では目的を定めたうえで素材を厳選するところから始めます。

銅の
部品加工に関する詳細はこちら

工業用プラスチックの加工

プラスチックや樹脂には数多くの種類があり、それぞれで特性や特徴が異なります。そのため、どのようなプラスチックを使用するかは、どんな目的や環境で使用する部品かを考えなければなりません。加工も切削加工や成形加工、3Dプリント出力など、さまざまなものに対応します。

工業用プラスチックの
部品加工に関する詳細はこちら

インコネルの加工

インコネルとは、スペシャルメタルズ社が商標登録している超耐熱合金です。ニッケルを主体として、鉄やクロム、炭素といった成分が添加されています。耐熱性や耐食性に優れている反面、外部からの影響を受けにくいため加工性が悪く、切削加工が困難な部品素材となっています。

インコネルの
部品加工に関する詳細はこちら

コバールの加工

コバールは鉄・ニッケル・コバルトの合金です。常温付近における熱膨張率が低く、硬質ガラスのような特性を有しています。その特性から精密機器や電子部品などに重用されますが、熱伝導性が悪いため加工が難しく、切削加工に用いた工具が破損しやすいといった特徴もあります。

コバールの
部品加工に関する詳細はこちら

マグネシウムの加工

比重1.8のマグネシウムは、実用金属のなかはで最も軽量で、チタンと同程度の比強度を有する高強度の金属素材です。反面、腐食しやすいといったデメリットがあります。また、発火性が高く、マグネシウム加工では発火・爆発の危険を伴うため、専門業者への依頼が必要です。

マグネシウムの
部品加工に関する詳細はこちら

チタンの加工

レアメタルの一種であるチタンは、軽量で強度も高く、耐食性に優れた素材です。そのため、工業用部品のみならず、メガネやインプラントなど幅広い分野で使用されており、非常に身近な素材でもあります。以下のページでは、チタンの特徴やメリット・デメリット、加工方法などを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

チタンの
部品加工に関する詳細はこちら

ゴムの加工

ゴムには、天然のゴムの木から採取した樹液で作られる天然ゴムを始めとして、ニトリルゴムやフッ素ゴム、シリコーンゴムなど様々な種類が存在します。ゴムの種類によって特性やメリット・デメリットが異なっており、部品の利用目的に合わせて加工法も検討しなければなりません。ここではゴムの加工について詳しく解説しています。

ゴムの部品加工に
関する詳細はこちら

どこに重点を置きますか?
加⼯部品調達会社
おすすめ3社

多品種の部品に対応できる企業として
実績と提携先が多い加工部品調達会社3社(2021年7月調査時点)をピックアップしました。
「品質」「納期」「柔軟性」観点で、
あなたの会社が一番重要視するポイントから選びましょう。

  • 品質

    作り直しリスクを最小限
    に抑えたい

    エージェンシーアシスト

    • 加工提携企業
      1,000
    • 業界取引実績
      2,710
    エージェンシーアシストの
    特徴

    部品一個、図面一枚から対応可能(500個~1,000個相談などもOK)
    3D図面の見積もりができる
    ③1級・2級機械検査技能による精度の高い検査が可能

  • スピード

    とにかく早く
    納品してもらいたい

    キャディ

    • 加工提携企業
      600
    • 業界取引実績
      1,500
    キャディの
    特徴

    加工部品一式から対応
    ②案件管理システムによってすべての工程を一元管理
    ③社内の見積もりシステムで装置図面一式でもスピード対応

  • 柔軟性

    1工程だけや追加工
    を依頼したい

    テルミック

    • 加工提携企業
      500
    • 業界取引実績
      1,000
    テルミックの
    特徴

    一工程・追加工にも対応可能
    ②自社工場を持っており、設計変更ができる
    既存製品への変更相談が可能

選出基準(2021年7月調査時点)
業界取引実績と加工提携先の記載のある企業の中から、実績と提携先が多い加工部品調達会社をピックアップしています。

エージェンシーアシスト:3社の中で1級・2級機械検査技能士が1番多く在籍しているため
キャディ:3社の中で唯一独自のシステムにより見積りを行い、全国どこでも最短5日で発送できるため
テルミック:3社の中で唯一、1工程のみ追加工対応と記述があったため
なお、各社の提携先企業・業界取引実績は2021年7月に調査したものを掲載しています