大物・長尺加工

目次

大物・長尺加工の特徴

文字通り大きなモノや尺の長いモノを加工することを指し、1辺が数メートルになるような大型の製造物を加工することもあります

大型のモノであっても当然加工の精度は確保しなければならないため、温度調節や金属の膨張・変形などには細心の注意を払う必要があります。

特に大型であれば一度上がった温度はなかなか下げることができないため、加工物そのものの温度だけでなく室温などの作業環境の管理も重要になります。

部材の材質によっても注意する点が変わってくるため、それぞれの素材に応じて適切な加工方法を選ぶ必要があります。

【素材別】部品一覧

アルミの大物・長尺加工部品例

アルミ/大物プレート/硬質アルマイト
引用元HP:エージェンシーアシスト(https://www.agency-assist.co.jp/service/partsprocessing/293/)

ステンレスの大物・長尺加工部品例

ステンレス/SUS303/フライス・マシニング加工
引用元HP:エージェンシーアシスト(https://www.agency-assist.co.jp/service/partsprocessing/293/)

鉄の大物・長尺加工部品例

鉄/生産設備用機械加工部品/S45C+無電解Niメッキ
引用元HP:エージェンシーアシスト(https://www.agency-assist.co.jp/service/partsprocessing/293/)

大物・長尺加工は他にも銅、鋼板、樹脂、ゴムなどの素材の加工も可能です。

大物・長尺加工の依頼は
「加工部品調達会社」へ

加工部品調達会社とは

加工部品の調達をワンストップで依頼することができ、手配・管理などの煩雑で手間のかかる業務を丸投げすることができる業者です

複数図面であっても一括対応してもらうことができたり、独自ネットワークによる最適な業者選定などを行ってもらえます。

加工部品調達会社へ依頼する
メリット

煩雑で手間のかかる業務を代行してもらうことにより、社内リソースの適正な配分が可能になります

また、自社単独では頼みづらい多品種少量や複雑・特殊な加工なども、独自のネットワークにより手配先を選定してもらうことが可能な場合があります。

その他の加工部品例

どこに重点を置きますか?
加⼯部品調達会社
おすすめ3社

多品種の部品に対応できる企業として
実績と提携先が多い加工部品調達会社3社(2021年7月調査時点)をピックアップしました。
「品質」「納期」「柔軟性」観点で、
あなたの会社が一番重要視するポイントから選びましょう。

  • 品質

    作り直しリスクを最小限
    に抑えたい

    エージェンシーアシスト

    • 加工提携企業
      1,000
    • 業界取引実績
      2,710
    エージェンシーアシストの
    特徴

    部品一個、図面一枚から対応可能(500個~1,000個相談などもOK)
    3D図面の見積もりができる
    ③1級・2級機械検査技能による精度の高い検査が可能

  • スピード

    とにかく早く
    納品してもらいたい

    キャディ

    • 加工提携企業
      600
    • 業界取引実績
      1,500
    キャディの
    特徴

    加工部品一式から対応
    ②案件管理システムによってすべての工程を一元管理
    ③社内の見積もりシステムで装置図面一式でもスピード対応

  • 柔軟性

    1工程だけや追加工
    を依頼したい

    テルミック

    • 加工提携企業
      500
    • 業界取引実績
      1,000
    テルミックの
    特徴

    一工程・追加工にも対応可能
    ②自社工場を持っており、設計変更ができる
    既存製品への変更相談が可能

選出基準(2021年7月調査時点)
業界取引実績と加工提携先の記載のある企業の中から、実績と提携先が多い加工部品調達会社をピックアップしています。

エージェンシーアシスト:3社の中で1級・2級機械検査技能士が1番多く在籍しているため
キャディ:3社の中で唯一独自のシステムにより見積りを行い、全国どこでも最短5日で発送できるため
テルミック:3社の中で唯一、1工程のみ追加工対応と記述があったため
なお、各社の提携先企業・業界取引実績は2021年7月に調査したものを掲載しています