製缶加工

目次

製缶加工の特徴

金属加工における製缶は、立体的な製品をフレームやパイプ、鋼管、鋼板などを組み合わせて切断や溶接による加工を行います。

溶断、穴あけ、曲げ、溶接、組立という工程を経て製品を作り上げます。素材や製品に応じた溶接を行うためには溶接技術の高さが必要になるため、職人の高度な技術が必要になる加工方法です。

強度の高い構造物を、比較的大型のものでも製造することが可能になりますが、手作業が多くなってしまうため技術に依存するとともに、量産が難しく製造コストが抑制しにくいというデメリットもあります。

【素材別】部品一覧

アルミの製缶加工部品例

アルミ/A5052/切削加工品+Tig溶接(アルゴン溶接)+製缶機械加工品
引用元HP:エージェンシーアシスト(https://www.agency-assist.co.jp/service/partsprocessing/279/)

ステンレスの製缶加工部品例

ステンレス/製缶加工/Tig溶接加工
引用元HP:エージェンシーアシスト(https://www.agency-assist.co.jp/service/partsprocessing/279/)

鉄の製缶加工部品例

鉄/製缶加工/全周溶接加工
引用元HP:エージェンシーアシスト(https://www.agency-assist.co.jp/service/partsprocessing/279/)

製缶加工は他にも鋼板、銅、鋼などの素材の加工も可能です。

製缶加工の主な種類

製缶加工は用途によって、「一般生活」用と「金属加工業」用の2種類に分けられます。

製缶加工は一般生活と金属加工業で使うものがある

製缶加工は一般生活で使われるものと金属加工業で使われるものに分けられます。一般生活で使われるのは、ジュースやヘアスプレーなどの缶が当てはまります。

金属加工業系では、ガソリンボンベや工場にあるような水槽や機器な内部部品などで使われる缶も製缶加工がほどこされているのです。

製缶の加工法の流れ

製缶加工がどのような流れを通るのかご紹介します。

製缶加工ではまず図面を作成し、溶断を行います。溶断とは金属を切断する加工です。図面通りに溶断して切り離します。

溶断した金属をダイと呼ばれる型に乗せて、押し金型を使って缶の形に曲げる過程です。図面に従い、カーブ、直角に曲げていきます。

曲げ加工後は2つの金属を溶接して接合します。2つ以上の金属の接合部に熱を加え、必要に応じ溶加材を加えて接合して1つの製品にする加工です。

缶のはめ込み部分に穴を開けるために穴あけ加工を行います。たとえば、ボルトのタップ部分の穴あけなどです。最後に組み立て。ボルトのタップ部分にボルトを使い組み立てます。機械による組み立てが一般的です。品質を高めるために機械と手作業で組み立てる場合もあります。

製缶加工と板金加工の違い

板金加工も対象は金属の加工です。製缶加工も板金加工といってもいいのではないか?と考えがちですが異なります。

製缶加工と金属加工は金属の厚みが異なる

製缶加工と金属加工の大きな違いは、加工する金属の厚みの違いです。製缶加工は建物の鉄骨や、タンクなど厚みのある製品を作ります。また、アルミニウムやステンレスなど、立体的な構造物を組み立てます。

一方、板金加工は厚みの薄い材料の加工です。また、鉄鋼や合成樹脂のような非金属まで、幅広く加工を行います。ただし、製缶加工も金属加工も、加工法自体は、曲げる、溶接、溶断と共通しているのです。

製缶加工と板金加工の違いは。加工する金属板の厚みの異なりですが、一般的に、製缶加工は7ミリ以上の金属板で、板金加工は7ミリ以下を取り扱います。

製缶加工の依頼は
「加工部品調達会社」へ

加工部品調達会社とは

製造の際に自社で加工できない部品がある場合、外注先に依頼することになります。

しかし加工を外注する際、業者選定・手配・納期管理・品質管理などさまざまな管理業務が必要になります

加工部品調達代行会社はそれらの業務を一元して請け負ってくれます。

加工部品調達会社へ依頼する
メリット

部品加工の手配や管理は手間や時間のとられる作業であり、これらを丸投げすることにより大幅に工数を削減できます

また、豊富な取引先を有している代行業者であれば加工方法にもバリエーションがあり、どんな加工でも対応してもらうことができます。

その他の加工部品例

どこに重点を置きますか?
加⼯部品調達会社
おすすめ3社

多品種の部品に対応できる企業として
実績と提携先が多い加工部品調達会社3社(2021年7月調査時点)をピックアップしました。
「品質」「納期」「柔軟性」観点で、
あなたの会社が一番重要視するポイントから選びましょう。

  • 品質

    作り直しリスクを最小限
    に抑えたい

    エージェンシーアシスト

    • 加工提携企業
      1,000
    • 業界取引実績
      2,710
    エージェンシーアシストの
    特徴

    部品一個、図面一枚から対応可能(500個~1,000個相談などもOK)
    3D図面の見積もりができる
    ③1級・2級機械検査技能による精度の高い検査が可能

  • スピード

    とにかく早く
    納品してもらいたい

    キャディ

    • 加工提携企業
      600
    • 業界取引実績
      1,500
    キャディの
    特徴

    加工部品一式から対応
    ②案件管理システムによってすべての工程を一元管理
    ③社内の見積もりシステムで装置図面一式でもスピード対応

  • 柔軟性

    1工程だけや追加工
    を依頼したい

    テルミック

    • 加工提携企業
      500
    • 業界取引実績
      1,000
    テルミックの
    特徴

    一工程・追加工にも対応可能
    ②自社工場を持っており、設計変更ができる
    既存製品への変更相談が可能

選出基準(2021年7月調査時点)
業界取引実績と加工提携先の記載のある企業の中から、実績と提携先が多い加工部品調達会社をピックアップしています。

エージェンシーアシスト:3社の中で1級・2級機械検査技能士が1番多く在籍しているため
キャディ:3社の中で唯一独自のシステムにより見積りを行い、全国どこでも最短5日で発送できるため
テルミック:3社の中で唯一、1工程のみ追加工対応と記述があったため
なお、各社の提携先企業・業界取引実績は2021年7月に調査したものを掲載しています