樹脂加工

目次

樹脂加工の特徴

プラスチックをはじめとする樹脂製品は、丈夫で大量生産がしやすいため日用品や電子機器・機械のカバーなどさまざまな製品に活用されています

特によく使用される合成樹脂には加熱すると柔らかくなり冷やすと再度固まる性質を持つ「熱可塑性樹脂」と加熱を続けると硬化する性質を持つ「熱硬化性樹脂」があり、さまざまな用途・製品に利用されます。

また、熱可塑性樹脂は熱で溶融させた樹脂を金型で成形し冷却して固化させる成型加工を行い、熱硬化性樹脂は冷やしても固化できないため、加熱や加圧を続けて化学反応を起こし固めます。

【素材別】部品一覧

樹脂の加工部品例

樹脂・プラスチック/PMMA(アクリル)/マシニング加工
引用元HP:エージェンシーアシスト(https://www.agency-assist.co.jp/service/partsprocessing/284/)

ゴムの加工部品例

NBR(ニトリルゴム) 購入品追加工  ゴムシート 切削部品
引用元HP:テルミック(https://www.nc-net.or.jp/company/74956/product/detail/83216/)

樹脂加工の依頼は
「加工部品調達会社」へ

加工部品調達会社とは

部品加工におけるさまざまな悩みを解決してくれる業者で、外注先の選定や振り分け・納期管理・品質管理などを代行してくれます。

独自のネットワークにより豊富な外注先へのルートを持っていたり、専門的な相談対応も行ってもらうことができます

加工部品調達会社へ依頼する
メリット

部品の外注加工を専門としている業者は豊富な外注先を把握しているため、どんな加工であっても対応してもらえる可能性があります

また、それらの手配や管理などの煩雑で手間がかかる業務をワンストップで対応してくれるため、工数削減も図ることができます。加工部品の調達でお悩みの方はぜひ加工部品調達会社を検討してみてください。

どこに重点を置きますか?
加⼯部品調達会社
おすすめ3社

多品種の部品に対応できる企業として
実績と提携先が多い加工部品調達会社3社(2021年7月調査時点)をピックアップしました。
「品質」「納期」「柔軟性」観点で、
あなたの会社が一番重要視するポイントから選びましょう。

  • 品質

    作り直しリスクを最小限
    に抑えたい

    エージェンシーアシスト

    • 加工提携企業
      1,000
    • 業界取引実績
      2,710
    エージェンシーアシストの
    特徴

    部品一個、図面一枚から対応可能(500個~1,000個相談などもOK)
    3D図面の見積もりができる
    ③1級・2級機械検査技能による精度の高い検査が可能

  • スピード

    とにかく早く
    納品してもらいたい

    キャディ

    • 加工提携企業
      600
    • 業界取引実績
      1,500
    キャディの
    特徴

    加工部品一式から対応
    ②案件管理システムによってすべての工程を一元管理
    ③社内の見積もりシステムで装置図面一式でもスピード対応

  • 柔軟性

    1工程だけや追加工
    を依頼したい

    テルミック

    • 加工提携企業
      500
    • 業界取引実績
      1,000
    テルミックの
    特徴

    一工程・追加工にも対応可能
    ②自社工場を持っており、設計変更ができる
    既存製品への変更相談が可能

選出基準(2021年7月調査時点)
業界取引実績と加工提携先の記載のある企業の中から、実績と提携先が多い加工部品調達会社をピックアップしています。

エージェンシーアシスト:3社の中で1級・2級機械検査技能士が1番多く在籍しているため
キャディ:3社の中で唯一独自のシステムにより見積りを行い、全国どこでも最短5日で発送できるため
テルミック:3社の中で唯一、1工程のみ追加工対応と記述があったため
なお、各社の提携先企業・業界取引実績は2021年7月に調査したものを掲載しています

そもそもプラスチック(合成樹脂)とは?

日常生活でも非常に幅広く活用されている「プラスチック(合成樹脂)」。容器や家電製品はもちろん、家具や自動車など、様々なところで製品となって、私たちの生活を支えてくれています。しかし、そもそもプラスチックとは、どのようなものなのでしょうか?

プラスチックとは、石油を素材に人工的に製造された高分子の素材のなかでも、とりわけ任意の形状に加工することができるものを指します。「合成樹脂」という呼ばれ方がされるときもありますが、これは樹液から製造される天然樹脂に似た性質を持っているため。素材が石油であることから、合成樹脂と呼ばれているのです。

*参照元:meviy公式(https://jp.meviy.misumi-ec.com/info/ja/archives/26396/

*参照元:華陽物産公式(https://kayo-corp.co.jp/products/various-goods/pura/

樹脂にはどのような種類がある?

「熱可塑性樹脂」と「熱硬化性樹脂」

プラスチックには、大きく分けて、「熱可塑性樹脂」と「熱硬化性樹脂」の二種類があります。どちらもその名の通り、熱を加えられることによって異なる性質の反応があります。

熱可塑性樹脂は、加熱されるとやわらかくなる性質があります。可塑性とは、加熱されることで何度でも変形することができる、ということです。一方、熱硬化性樹脂の場合は、最初の加熱ではやわらかくなり、成形を施すことができますが、さらに加熱され続けると、今度は硬くなる性質があります。そのため、熱硬化性樹脂は基本的に一度しか成形を施すことができない、ということになります。

樹脂の種類と用途

上記を前提に、樹脂には非常にたくさんの種類があります。有名なところでは、包装材や家庭用雑貨に多用されている「ポリエチレン」、容器に用いられる「ポリプロピレン」、また電気製品や自動車に使われている、より強度が高い「ABS樹脂」も有名な樹脂のひとつでしょう。これらは熱可塑性樹脂に含まれるもので、このほかには建築資材や配管の素材に使われている「ポリアセタール」、農業資材に使われている「ポリ塩化ビニル」などがあります。

一方、熱硬貨性樹脂には、比較的コストが低い「フェノール樹脂」や強度・粘着性に優れている「エポキシ樹脂」があります。

いずれの樹脂も、それぞれによって異なる特性に応じて、様々なシーンで活用されているのです。

*参照元:meviy公式(https://jp.meviy.misumi-ec.com/info/ja/archives/26396/

*参照元:華陽物産公式(https://kayo-corp.co.jp/products/various-goods/pura/

樹脂の加工方法

成形加工

合成樹脂を成形する方法として、最も代表的なのが「成形加工」です。これは、加熱することで溶かした状態の樹脂を、あらかじめ成形を施した金型などに流し込み、冷却させたり、圧縮させることによって、必要な形状に成形していく方法です。

成形加工は、同じ金型を使うことで、同じ形状の樹脂製品を大量に生産することができます。また、成形加工のなかにも、射出成形やブロー成形、押し出し成形など、様々な種類があります。

切削加工

合成樹脂の「切削加工」は、その名の通り、固形の樹脂素材を切削機械などで削り出し、必要な形状に加工する方法です。試作品を作る場合や特殊な加工が求められる樹脂製品に多用されています。

土台が回転する「旋盤加工」や刃を回転させて削り取る「フライス加工」などが代表的です。

3Dプリンタ

近年、注目が高まっている「3Dプリンタ」も、合成樹脂の成形方法のひとつです。3Dプリンタは、パソコンのデータ上で設計した立体の形状を、吐出機器やレーザー機器によって成形するもの。複雑な構造の製品でも、機械の手によって自動的に作り出すことができるため、非常に便利です。

樹脂のメリット・デメリットは?

樹脂のメリット

合成樹脂のメリットは、なんと言ってもその使いやすさでしょう。金属などの素材と比べて加工しやすく、軽い、腐食しにくい、断熱性が高い、といったことがあげられます。また、電気絶縁性にも優れているため、日常的な使用にも適しています。

樹脂のデメリット

合成樹脂のデメリットとしては、まず日常的な使用においては、やや耐熱性に劣るということでしょう。「キッチンで、プラスチック製の容器が、コンロで溶けてしまった」といったことは珍しくありません。また、外部に放置されたとき、自然中で分解されないことも、環境問題として意識されるところです。このほか、機械的な強度が低い、割れやすい、帯電しやすい、といったこともデメリットとしてあげることができるでしょう。

*参照元:meviy公式(https://jp.meviy.misumi-ec.com/info/ja/archives/26396/

*参照元:華陽物産公式(https://kayo-corp.co.jp/products/various-goods/pura/

その他の加工部品例

どこに重点を置きますか?
加⼯部品調達会社
おすすめ3社

多品種の部品に対応できる企業として
実績と提携先が多い加工部品調達会社3社(2021年7月調査時点)をピックアップしました。
「品質」「納期」「柔軟性」観点で、
あなたの会社が一番重要視するポイントから選びましょう。

  • 品質

    作り直しリスクを最小限
    に抑えたい

    エージェンシーアシスト

    • 加工提携企業
      1,000
    • 業界取引実績
      2,710
    エージェンシーアシストの
    特徴

    部品一個、図面一枚から対応可能(500個~1,000個相談などもOK)
    3D図面の見積もりができる
    ③1級・2級機械検査技能による精度の高い検査が可能

  • スピード

    とにかく早く
    納品してもらいたい

    キャディ

    • 加工提携企業
      600
    • 業界取引実績
      1,500
    キャディの
    特徴

    加工部品一式から対応
    ②案件管理システムによってすべての工程を一元管理
    ③社内の見積もりシステムで装置図面一式でもスピード対応

  • 柔軟性

    1工程だけや追加工
    を依頼したい

    テルミック

    • 加工提携企業
      500
    • 業界取引実績
      1,000
    テルミックの
    特徴

    一工程・追加工にも対応可能
    ②自社工場を持っており、設計変更ができる
    既存製品への変更相談が可能

選出基準(2021年7月調査時点)
業界取引実績と加工提携先の記載のある企業の中から、実績と提携先が多い加工部品調達会社をピックアップしています。

エージェンシーアシスト:3社の中で1級・2級機械検査技能士が1番多く在籍しているため
キャディ:3社の中で唯一独自のシステムにより見積りを行い、全国どこでも最短5日で発送できるため
テルミック:3社の中で唯一、1工程のみ追加工対応と記述があったため
なお、各社の提携先企業・業界取引実績は2021年7月に調査したものを掲載しています