SUS420J2

このページでは、マルテンサイト系ステンレスの1種である「SUS420J2」について、特性や特徴、SUS420J2を加工する際に注意すべきポイントなどをまとめて解説しています。SUS420J2を利用して部品の製造を考えている方はぜひご活用ください。

SUS420J2とは

SUS420J2はマルテンサイト系ステンレスとして分類されるステンレス素材であり、基本的には炭素(C)の含有量が他のステンレス素材と比較して多くなっています。

SUS420J2は熱処理を行うことで強度と硬度を高められるようになっており、焼き入れや焼き戻しといった熱処理と合わせて利用されることが一般的です。

一方、SUS420J2は炭素を多く含んでいることから鉄本来の性質に近く、ステンレスの中では比較的錆びやすく耐食性に劣っているといったデメリットもあります。とはいえ、やはりステンレスとして通常の鉄などよりは錆びにくいこともポイントです。

SUS420J1とは?SUS420J2との違い

SUS420J1とSUS420J2はどちらもマルテンサイト系ステンレスとして分類されるステンレスであり、両者の違いはシンプルにいって含有している炭素の量です。

SUS420J1では最大炭素量が0.25%にとどまっているのに対して、SUS420J2では最大炭素量が0.40%まで上昇しています。そのためSUS420J2の方が焼き入れ後の強度を高められることがポイントです。

なお、マルテンサイト系ステンレスとして分類されるステンレスには他にも様々なものがあり、成分や用途によって使い分けられています。

SUS420J2の化学成分

SUS420J2の化学成分はJISにおいて下記のとおりに規定されています。

参照元:JIS G 4303:ステンレス鋼棒

SUS420J2の強度・耐食性

炭素を多く含んでいるSUS420J2は熱処理によって強度や硬度を高められることが特徴です。これを焼入硬化と呼びます。

一方、SUS420J2は炭素量が多くクロームの割合が抑えられており、さらに炭素がクロームと反応して不動態皮膜の形成を抑えるため耐食性はやや劣ってしまうことがデメリットです。

SUS420J2の用途

マルテンサイト系ステンレスの中でも強度や硬度の高いSUS420J2は、耐久性や耐摩耗性が求められるような環境や製品用途に用いられます。

例えば、繰り返し使われるボルトやシャフト、何度も利用される刃物といった製品にもSUS420J2が活用されます。また、プラスチック金型のように大量生産を支える製品の素材にも使われることがポイントです。

ただし、用途の範囲が広い一方で、熱処理のたびに硬くなってしまうSUS420J2は、理想通りの加工を叶えるために十分な知識や経験、加工機が必要となります。

なお、用途によってはSUS420J2でなくSUS420J1が採用されることもあるでしょう。

SUS420J2の加工性

SUS420J2は焼き入れ硬化の前後で強度や硬度が変わるため、それぞれの状態に合わせた加工方法や工具の使い分けを考えなければなりません。

当然ながら、焼入硬化を行う前に使用していた工具を、硬化後にも使ってしまうと工具を破損したり、目的通りの形状に加工できなかったりといったリスクが増大します。

そのため、SUS420J2の加工性は十分な理解と知識を備えた職人や加工会社に依頼できるかどうかで変わってしまうことも現実です。

SUS420J2の部品加工の依頼は「加工部品調達会社」へ

加工部品調達会社とは素材の調達から加工・仕上げまで全工程を請け負ってくれる専門業者です。SUS420J2のように加工条件が厳しい素材の場合、SUS420J2だけを調達できても適正に加工できる業者がいなければ意味がありません。

加工部品調達会社は素材を調達して、適正な加工会社を選定して交渉し、さらに納期管理や最終仕上げまで一貫体制で対応してくれるものもあります。

また、専門家として低コスト化や短納期のニーズにもとづいて加工会社と交渉してくれることも期待できるでしょう。中には品質管理や検査まで行ってくれる加工部品調達会社もあるため活用してください。

どこに重点を置きますか?
加⼯部品調達会社
おすすめ3社

多品種の部品に対応できる企業として
実績と提携先が多い加工部品調達会社3社(2021年7月調査時点)をピックアップしました。
「品質」「納期」「柔軟性」観点で、
あなたの会社が一番重要視するポイントから選びましょう。

  • 品質

    作り直しリスクを最小限
    に抑えたい

    エージェンシーアシスト

    • 加工提携企業
      1,000
    • 業界取引実績
      2,710
    エージェンシーアシストの
    特徴

    部品一個、図面一枚から対応可能(500個~1,000個相談などもOK)
    3D図面の見積もりができる
    ③1級・2級機械検査技能による精度の高い検査が可能

  • スピード

    とにかく早く
    納品してもらいたい

    キャディ

    • 加工提携企業
      600
    • 業界取引実績
      1,500
    キャディの
    特徴

    加工部品一式から対応
    ②案件管理システムによってすべての工程を一元管理
    ③社内の見積もりシステムで装置図面一式でもスピード対応

  • 柔軟性

    1工程だけや追加工
    を依頼したい

    テルミック

    • 加工提携企業
      500
    • 業界取引実績
      1,000
    テルミックの
    特徴

    一工程・追加工にも対応可能
    ②自社工場を持っており、設計変更ができる
    既存製品への変更相談が可能

選出基準(2021年7月調査時点)
業界取引実績と加工提携先の記載のある企業の中から、実績と提携先が多い加工部品調達会社をピックアップしています。

エージェンシーアシスト:3社の中で1級・2級機械検査技能士が1番多く在籍しているため
キャディ:3社の中で唯一独自のシステムにより見積りを行い、全国どこでも最短5日で発送できるため
テルミック:3社の中で唯一、1工程のみ追加工対応と記述があったため
なお、各社の提携先企業・業界取引実績は2021年7月に調査したものを掲載しています