SUS304

SUS304とは、ニッケルを含有した鋼合金であり、オーステナイト系に分類されるステンレスです。このページではSUS304の特性や加工時の注意点、適した加工法などに関してまとめて解説していますので参考にしてください。

SUS304とは

SUS304はオーステナイト系ステンレスに分類されるステンレスの1種であり、ステンレス素材の中でも特に広く活用されている種類の1つです。ニッケルとクロームを含んだ鋼合金であり、それらの添加素材の影響によって通常の鉄などよりも耐食性に優れていることが特徴です。そのため、常に水や海水へ触れているような場面ではSUS304が素材として使われるケースも少なくありません。

流通量が多くて耐食性も高いため、食器や家庭用調理器具など日常的に利用していることが多い点もSUS304の特性です。

その他にも高温や低温の環境にも強く、熱伝導率が低くて熱を逃しにくいため魔法瓶などに利用されることもあります。

なお、同じくオーステナイト系ステンレスにSUS303もありますが、溶接性に関してはSUS304の方が適しています。

SUS303とSUS304の違い・見分け方

SUS304とSUS303は外見的な違いがほぼありません。そのため、目で見て違いを区別することは困難です。また、どちらも通常のままでは磁性を有しておらず、磁石につくかつかないかで判断することもできません。

SUS303は硫黄とりんの含有量を増やして切削性を向上されたステンレスであり、SUS304よりも切削加工や研削加工において加工しやすいことが特徴です。一方、SUS303はまさしくそのりんや硫黄の影響によって溶接性が悪くなっており、溶接加工を考えるのであればSUS304を選択すべきといえるでしょう。

また、耐食性ではSUS304の方が優れており、常に水や海水へ触れ続けるような場面ではSUS304を利用すべきです。

SUS304の化学成分

SUS304の化学成分はJISにおいて下記のとおりに規定されています。

参照元:JIS G 4303:ステンレス鋼棒

SUS304の強度

SUS304はニッケルなどの添加物によって強度や耐食性などを高められている合金鋼であり、通常の鉄や鋼と比較しても高い強度を持っています。そのため、長期的な耐久性が求められるような場所や部品ではSUS304を素材として使われることが少なくありません。

SUS304の耐食性

ステンレスと聞いて一般的にイメージされる「錆びにくい」という印象の通り、SUS304もまた耐食性に優れた金属です。そのため、日常的に雨ざらしであったり長時間海水に触れたりするような場所ではSUS304を利用することが適しているといえるでしょう。

SUS304が高い耐食性を有する理由は、添加物として含まれているニッケルやクロームの影響です。SUS304は他のステンレスと比較しても耐食性に優れている金属となっています。

SUS304の用途

SUS304はステンレス素材の中でも全世界的に活用されているステンレスの1つであり、優れた耐熱性や耐食性を活かして調理器具や食器のような日用品から、工業機器の部品や機械設備のパーツまで多用途に使われていることが特徴です。

ニーズが高いからこそ流通量も多くなっており、コスト的には決して安いステンレスではないものの、人気の高いステンレスであることは間違いないでしょう。

ただし切削性に関してはSUS303に劣るため注意が必要です。

SUS304の加工性

SUS304は鉄や鋼と比べて高強度の金属素材となっており、一般的に考えれば難削材の部類に入ります。しかしステンレスの中で考えると、例えば同じオーステナイト系ステンレスであるSUS303と比較して溶接性に優れています。

一方、切削性に関してみればSUS303の方が優れており、切削加工を重視するか溶接加工を重視するかで選択すべきポイントも変わってくるでしょう。

なお、そもそもSUS304は非磁性金属ですが、加工硬化によって磁性を獲得する可能性があります。

SUS304の切削加工

SUS304は魔法瓶などの素材にも使われるように、熱伝導率がとても低い金属です。そのため、工具によって切削加工を行おうとした場合、熱が加工部にこもってしまって、SUS304へ接触している工具へ熱ダメージを返してしまう恐れがあります。また、切粉へ熱が伝わりにくく、加工時に出た切粉が加工品へ溶着して品質を低下してしまうこともデメリットです。

さらに加工を繰り返すほど硬化して切削が一層に難しくなっていくため、SUS304の切削加工には十分な知識や経験、そして適切な設備環境が求められます。

SUS304の溶接加工

SUS304はSUS303と比較して溶接性に優れている金属です。ただし、一般的な鉄や鋼と比べればやはり溶接しづらいことも事実です。

まず、溶接焼けが発生した場合、耐食性が低下してしまうためせっかくのSUS304のメリットが失われてしまいます。そのため溶接時はシールドガスを用いて大気と溶接部を遮断することが必要です。

実際にSUS304の溶接で溶接焼けを発生させずに加工したり、発生した溶接焼けを適切に除去したりするには、相当の知識や経験が欠かせません。

なお、SUS303の溶接性はSUS304よりも劣っているため注意してください。

SUS304の曲げ加工

端的に言って、SUS304は曲げ加工の難易度が高い金属です。

通常、曲げ加工はベンダーという加工機を用いて任意の形状や角度に素材を曲げて行います。しかしSUS304はスプリングバックが起こりやすいため、曲げ加工を施しても目的の形状に落ち着かない可能性が高まります。

なお、スプリングバックとは、金属が持っている弾性によって、例えば折り曲げた金属板が元の形へ戻ってしまうような現象を意味します。

SUS304で曲げ加工を行おうとすれば、通常の曲げ加工よりも明らかに強い力が必要です。

SUS304の部品加工の依頼は「加工部品調達会社」へ

SUS304は耐食性や耐熱性、強度などに優れて磁性もなく、幅広い目的で利用しやすい金属です。しかし、切削性が悪かったり溶接加工における難易度が高かったりと、理想通りの加工を施して部品や製品を得るには十分な理解や知識、技術が求められます。

加工部品調達会社はSUS304の確保はもちろん、それを素材として適切な加工を行うための業者の選定や交渉をまとめてアウトソーシングできる専門会社です。

金属加工のプロとして、そしてクライアントの代理として働いてくれる加工部品調達会社であれば、自社のニーズに最も適した加工会社を選んでくれると期待できます。

どこに重点を置きますか?
加⼯部品調達会社
おすすめ3社

多品種の部品に対応できる企業として
実績と提携先が多い加工部品調達会社3社(2021年7月調査時点)をピックアップしました。
「品質」「納期」「柔軟性」観点で、
あなたの会社が一番重要視するポイントから選びましょう。

  • 品質

    作り直しリスクを最小限
    に抑えたい

    エージェンシーアシスト

    • 加工提携企業
      1,000
    • 業界取引実績
      2,710
    エージェンシーアシストの
    特徴

    部品一個、図面一枚から対応可能(500個~1,000個相談などもOK)
    3D図面の見積もりができる
    ③1級・2級機械検査技能による精度の高い検査が可能

  • スピード

    とにかく早く
    納品してもらいたい

    キャディ

    • 加工提携企業
      600
    • 業界取引実績
      1,500
    キャディの
    特徴

    加工部品一式から対応
    ②案件管理システムによってすべての工程を一元管理
    ③社内の見積もりシステムで装置図面一式でもスピード対応

  • 柔軟性

    1工程だけや追加工
    を依頼したい

    テルミック

    • 加工提携企業
      500
    • 業界取引実績
      1,000
    テルミックの
    特徴

    一工程・追加工にも対応可能
    ②自社工場を持っており、設計変更ができる
    既存製品への変更相談が可能

選出基準(2021年7月調査時点)
業界取引実績と加工提携先の記載のある企業の中から、実績と提携先が多い加工部品調達会社をピックアップしています。

エージェンシーアシスト:3社の中で1級・2級機械検査技能士が1番多く在籍しているため
キャディ:3社の中で唯一独自のシステムにより見積りを行い、全国どこでも最短5日で発送できるため
テルミック:3社の中で唯一、1工程のみ追加工対応と記述があったため
なお、各社の提携先企業・業界取引実績は2021年7月に調査したものを掲載しています