創和

この記事では創和の特徴・業界実績・評判・アクセスなどについてまとめています。

創和とはどんな会社

1987年に創業した創和についてご紹介します。

台湾・ベトナム・香港でモノづくり

ダイカストの部品を中心に金属や樹脂などの部品を製造しているメーカー・創和。

1987年の創業時には、ネジや工業用ファスナーを扱う会社でしたが、1993年に台湾へ、2001年にベトナムへ進出。現地に法人を作って、海外工場のスタッフを教育し、国内の工場と同じレベルの製品を作れる体制を確立しました。

現在では、創華股份有限公司(台湾)・SOHWA SAIGON(ベトナム)・創越國際有限公司(香港)の3か所の現地法人が、創和の部品加工調達代行事業を支えています

海外から海外への部品調達も可能

創和はベトナム・台湾・香港などに拠点を持ち、海外工場から直接加工部品を調達できるのが強みです。取引をするのに中国語やベトナム語の通訳が不要で、設計図も中国やベトナムの仕様に作り直す手間もありません。

輸送についても、ベトナム・台湾から週1便の自社専用チャーター便を用意して、速くコストを圧縮した輸送を可能にしました。現地スタッフとのWeb会議などにも対応しているので、例えば、創和のベトナム工場で作った部品を、指定の中国工場へ輸出するような、「海外から海外への部品調達」もできます

海外の生産拠点もISO9001*で品質保証

創和は「環境マネジメントシステムエコアクション21」や国際規格の「ISO9001」を2015年10月に取得。ベトナムの「SOHWA SAIGON」と台湾の「創華」もISO9001を取得し、部品の品質管理を徹底しています。

*参照元:創和公式HP(http://www.sohwa.jp/quality/

目的別で探す
加工部品調達会社
おすすめ3社を徹底紹介

創和の対応項目

対応技術 旋盤加工・マシニング加工・板金加工・
ダイカスト加工・切削加工・各種溶接など
査定無料
対応処理 アルマイト・亜鉛メッキ・特殊メッキ・
タフトライド・特殊焼入れ処理など
対応素材 鉄・ステンレス・アルミ・樹脂など

創和の業界実績

創和の検査体制

創和は独自の品質向上の取り組みを行っています。

万が一、トラブルが出た時には、スタッフが早急に不良発生現場に行き、原因を究明。「物理的な対策」と「作業者への教育」で再発防止に努めています

創和に依頼した企業の声

口コミ・評判は見つかりませんでした

創和の企業情報

会社名 株式会社創和
所在地 長野県諏訪郡下諏訪町西赤砂4354-6
営業時間 8:30~17:30
休業日 土曜・日曜日・祝日
どこに重点を置きますか?
加⼯部品調達会社
おすすめ3社

多品種の部品に対応できる企業として
実績と提携先が多い加工部品調達会社3社(2021年7月調査時点)をピックアップしました。
「品質」「納期」「柔軟性」観点で、
あなたの会社が一番重要視するポイントから選びましょう。

  • 品質

    作り直しリスクを最小限
    に抑えたい

    エージェンシーアシスト

    • 加工提携企業
      1,000
    • 業界取引実績
      2,710
    エージェンシーアシストの
    特徴

    部品一個、図面一枚から対応可能(500個~1,000個相談などもOK)
    3D図面の見積もりができる
    ③1級・2級機械検査技能による精度の高い検査が可能

  • スピード

    とにかく早く
    納品してもらいたい

    キャディ

    • 加工提携企業
      600
    • 業界取引実績
      1,500
    キャディの
    特徴

    加工部品一式から対応
    ②案件管理システムによってすべての工程を一元管理
    ③社内の見積もりシステムで装置図面一式でもスピード対応

  • 柔軟性

    1工程だけや追加工
    を依頼したい

    テルミック

    • 加工提携企業
      500
    • 業界取引実績
      1,000
    テルミックの
    特徴

    一工程・追加工にも対応可能
    ②自社工場を持っており、設計変更ができる
    既存製品への変更相談が可能

選出基準(2021年7月調査時点)
業界取引実績と加工提携先の記載のある企業の中から、実績と提携先が多い加工部品調達会社をピックアップしています。

エージェンシーアシスト:3社の中で1級・2級機械検査技能士が1番多く在籍しているため
キャディ:3社の中で唯一独自のシステムにより見積りを行い、全国どこでも最短5日で発送できるため
テルミック:3社の中で唯一、1工程のみ追加工対応と記述があったため
なお、各社の提携先企業・業界取引実績は2021年7月に調査したものを掲載しています