溶接

目次

溶接の特徴

金属同士を接合させるための代表的な加工方法で、自動車や船舶、機器類や建築資材などさまざまな製品の製造に活用されている加工方法です

溶接は大きく分けて3つに分類され、2つの金属接合部分を溶かすか外部から溶けた金属を加え冷却して接合する「融接」、金属の接合部分を電気や摩擦により加熱した上で圧力を加えて接合する「圧接」、母材よりも低い温度で溶解させるろう付けやはんだ付けなどの「ろう接」があります。

それぞれの溶接方法にはそれぞれ適した部材やメリット・デメリットがありますので、製造物などに合わせて選択する必要があります。

【素材別】部品一覧

アルミの溶接部品例

アルミ/A5052/切削加工品+Tig溶接(アルゴン溶接)+製缶機械加工品
引用元HP:エージェンシーアシスト(https://www.agency-assist.co.jp/service/partsprocessing/279/)

ステンレスの溶接部品例

ステンレス/製缶加工/Tig溶接加工
引用元HP:エージェンシーアシスト(https://www.agency-assist.co.jp/service/partsprocessing/279/)

鉄の溶接部品例

鉄/製缶加工/全周溶接加工
引用元HP:エージェンシーアシスト(https://www.agency-assist.co.jp/service/partsprocessing/279/)

鋼の溶接部品例

板金溶接 ろう付け スポット溶接 シーム溶接 アーク溶接 ガス溶接 部品加工 部品製作 部品手配 多品種小ロット 単品小ロット
引用元HP:テルミック(https://www.nc-net.or.jp/company/74956/product/detail/37639/)

銅の溶接部品例

銅の溶接部品例
引用元HP:キャディ(https://caddi.jp/example/processing/1/7/6/)

鋼板の溶接部品例

SPCC/SUS304/板金溶接プレス加工品
引用元HP:エージェンシーアシスト(https://www.agency-assist.co.jp/service/partsprocessing/273/)

溶接の依頼は
「加工部品調達会社」へ

加工部品調達会社とは

製造に使用する部品などの外注加工先への対応を代わりに行ってくれる業者で、どこに頼めばよいか分からないような加工であっても応じてくれることがあります。

幅広いネットワークや独自のノウハウを活かし、クライアントの課題を解決してくれます

加工部品調達会社へ依頼する
メリット

見積り依頼や発注手配、納期管理などの煩雑な業務・管理工数を大幅に削減することが可能になります

最適な加工会社を選定し調達代行を行ってもらえるため、製造プロセスにおける外注加工の最適化を図ることができます。

どこに重点を置きますか?
加⼯部品調達会社
おすすめ3社

多品種の部品に対応できる企業として
実績と提携先が多い加工部品調達会社3社(2021年7月調査時点)をピックアップしました。
「品質」「納期」「柔軟性」観点で、
あなたの会社が一番重要視するポイントから選びましょう。

  • 品質

    作り直しリスクを最小限
    に抑えたい

    エージェンシーアシスト

    • 加工提携企業
      1,000
    • 業界取引実績
      2,710
    エージェンシーアシストの
    特徴

    部品一個、図面一枚から対応可能(500個~1,000個相談などもOK)
    3D図面の見積もりができる
    ③1級・2級機械検査技能による精度の高い検査が可能

  • スピード

    とにかく早く
    納品してもらいたい

    キャディ

    • 加工提携企業
      600
    • 業界取引実績
      1,500
    キャディの
    特徴

    加工部品一式から対応
    ②案件管理システムによってすべての工程を一元管理
    ③社内の見積もりシステムで装置図面一式でもスピード対応

  • 柔軟性

    1工程だけや追加工
    を依頼したい

    テルミック

    • 加工提携企業
      500
    • 業界取引実績
      1,000
    テルミックの
    特徴

    一工程・追加工にも対応可能
    ②自社工場を持っており、設計変更ができる
    既存製品への変更相談が可能

選出基準(2021年7月調査時点)
業界取引実績と加工提携先の記載のある企業の中から、実績と提携先が多い加工部品調達会社をピックアップしています。

エージェンシーアシスト:3社の中で1級・2級機械検査技能士が1番多く在籍しているため
キャディ:3社の中で唯一独自のシステムにより見積りを行い、全国どこでも最短5日で発送できるため
テルミック:3社の中で唯一、1工程のみ追加工対応と記述があったため
なお、各社の提携先企業・業界取引実績は2021年7月に調査したものを掲載しています

溶接加工の種類

半自動溶接

トーチと自動で供給されるワイヤーを用いた溶接です。溶融金属を溶かしながら接合します。特に鉄の溶接ではよく採用される方法です。

TIG溶接

シールドガスと不活性ガスを用いた溶接です。タングステン電極と母材の間に発生するアークを利用します。特にステンレスやアルミ溶接で採用される方法です。

スポット溶接

2つの母材を上下から電極で挟んで加圧し、電流を発生させて溶融を起こして接合する溶接です。特に美しい見た目の仕上がりが重視される製品に向いています。

YAG溶接

YAGレーザーで溶接します。長尺物や薄板で採用されることが多く、キレイな仕上がりと歪みの少なさがメリットです。アルミやステンレス、反射材や異種材でも素早く加工できます。

MIG溶接

シールドガス、アルゴン、ヘリウムといった不活性ガスを利用し、スピーディに溶接する方法です。熱の発生が局部でストップするため、歪みが少ない点がメリット。特に薄板の溶接で、採用されています。

炭酸ガスアーク溶接・MAG溶接

シールドガスに二酸化炭素を利用するのが炭酸ガスアーク溶接で、不活性ガスと炭酸ガスが混合したものを使うのがMAG溶接です。特に母材同士を深く強く融合したいときに採用されます。

溶接加工で使われる主な素材

溶接加工で主に使われる素材に、鉄、ステンレス、アルミがあげられます。鉄はステンレスやアルミと比べると、歪の発生リスクが少ないのが特徴です。溶接対象の中でも加工しやすい素材と言えます。

ステンレスは一般的に、加工がむずかしい素材のひとつです。オースティナイト、フェライト、マルテンサイト、二相ステンレス系などがあり、溶接特性も違います。成分によって細分化される複数の溶接特性がある点には要注意。作業者は溶接特性を理解した上で対応しなければなりません。溶接熱量によっては加工物が変形します。「不安定なアークを使う」「スパッタの量が多い」といった場合には、溶け落ちにも要注意です。技術力が反映しやすい素材と言えます。ステンレス溶接の場合、薄物ならTIG溶接で対応できます。アルミは、割れやすく酸化しやすい特性があり、溶接が難しい素材です。

アルミの溶接は難しい?

アルミ溶接は、特に難しいとされています。アルミは、鉄やチタンや銅などの他金属より融点が低いため、溶けやすいからです。鉄と異なる器具を使います。知識・技術力・経験が必要です。一般金属よりもコストは高くなります。

溶接に使われるのは主にTIG溶接です。技術者の技術力や知識が不足すると、仕上がりに難が出てきます。アルミの溶接の難易度は、プロの職人にとっても高いのです。逆にいえば、アルミ溶接ができる加工業者は、高いノウハウや器具や技術力を有していると言えます。

その他の加工部品例

どこに重点を置きますか?
加⼯部品調達会社
おすすめ3社

多品種の部品に対応できる企業として
実績と提携先が多い加工部品調達会社3社(2021年7月調査時点)をピックアップしました。
「品質」「納期」「柔軟性」観点で、
あなたの会社が一番重要視するポイントから選びましょう。

  • 品質

    作り直しリスクを最小限
    に抑えたい

    エージェンシーアシスト

    • 加工提携企業
      1,000
    • 業界取引実績
      2,710
    エージェンシーアシストの
    特徴

    部品一個、図面一枚から対応可能(500個~1,000個相談などもOK)
    3D図面の見積もりができる
    ③1級・2級機械検査技能による精度の高い検査が可能

  • スピード

    とにかく早く
    納品してもらいたい

    キャディ

    • 加工提携企業
      600
    • 業界取引実績
      1,500
    キャディの
    特徴

    加工部品一式から対応
    ②案件管理システムによってすべての工程を一元管理
    ③社内の見積もりシステムで装置図面一式でもスピード対応

  • 柔軟性

    1工程だけや追加工
    を依頼したい

    テルミック

    • 加工提携企業
      500
    • 業界取引実績
      1,000
    テルミックの
    特徴

    一工程・追加工にも対応可能
    ②自社工場を持っており、設計変更ができる
    既存製品への変更相談が可能

選出基準(2021年7月調査時点)
業界取引実績と加工提携先の記載のある企業の中から、実績と提携先が多い加工部品調達会社をピックアップしています。

エージェンシーアシスト:3社の中で1級・2級機械検査技能士が1番多く在籍しているため
キャディ:3社の中で唯一独自のシステムにより見積りを行い、全国どこでも最短5日で発送できるため
テルミック:3社の中で唯一、1工程のみ追加工対応と記述があったため
なお、各社の提携先企業・業界取引実績は2021年7月に調査したものを掲載しています