工業用プラスチックの部品加工

工業用プラスチックの特徴

工業用プラスチックは、容器や家電製品、家具、自動車部品など、日常生活の様々なシーンで活用されている素材です。工業用プラスチックそのものに、それぞれで特性が異なる様々な種類のものがあるため、種類ごとに得意な用途があることも、工業用プラスチックの特徴のひとつと言えるでしょう。

*参照元:meviy(https://jp.meviy.misumi-ec.com/info/ja/archives/26396/

工業用プラスチックの特性

「熱可塑性樹脂」と「熱硬化性樹脂」がある

工業用プラスチックは、別名「合成樹脂」とも呼ばれており、大別すれば「熱可塑性樹脂」と「熱硬化性樹脂」があります。

熱可塑性樹脂は、その名の通り、加熱することでやわらかくなり、繰り返して任意の形状に加工することができる、工業用プラスチックです。熱を加えることで何度でも成形することができるため、加工しやすい素材です。

一方、「熱硬化性樹脂」は、加熱すれば最初の段階こそやわらかくなるものの、そのまま加熱を続けることで硬くなってしまうものです。熱硬化性樹脂はいちどしか成形できない点に特性があります。

豊富な種類にあわせて用途がある

石油を素材にする工業用プラスチックですが、さらに様々な種類があることも特性のひとつで、それにあわせて用途もそれぞれです。例えば軽量性に優れる「ポリエチレン」は包装材に使われますし、強度に優れた「ABS樹脂」は電気製品や自動車の部品素材に使われます。

熱硬化性樹脂では、比較的コストが低い「フェノール樹脂」や粘着性に優れた「エポキシ樹脂」があり、産業部品や建築資材に使われています。

耐熱性の低さ、自然分解されないデメリットも

工業用プラスチックにも、デメリットというべき特性がいくつかあります。例えば、合成樹脂は全体的に、耐熱性の面で劣るところもあり、日常製品においても、「高熱で溶けてしまった」といったことが珍しくありません。

また、環境中に放置されれば、自然に分解されないことも工業用プラスチックのデメリットです。例えば、海洋中に流出することで、自然環境を大きく害していると指摘されています。

工業用プラスチックの加工時の注意点

工業用プラスチックの加工方法はいくつかあります。代表的なのは「成形加工」で、これは加熱した工業用プラスチックを金型などに流し込み、冷却することで同じ製品を大量生産することができるものです。このほか、工業用プラスチックを切削機器で成形する「切削加工」や、近年注目されている「3Dプリンタ」などもあります。

工業用プラスチックの加工では、使用目的とコストにあわせて、最適な加工方法を選ぶようにしましょう。

*参照元:meviy(https://jp.meviy.misumi-ec.com/info/ja/archives/26396/

工業用プラスチックの部品加工の依頼は「加工部品調達会社」へ

加工部品調達会社とは

加工部品調達会社とは、部品調達の外注先として業務を引き受けくれる企業のこと。最適な部品加工先の紹介から、業務の振り分け作業、さらには納期管理など、自社で行えば工数がかさむ部品調達の業務を外注することができます。

限られた自社のリソースは、コアとなる業務に集中すべきだからこそ、信頼できる加工部品調達会社と繋がり、業務を効率化することが必要です。

どこに重点を置きますか?
加⼯部品調達会社
おすすめ3社

多品種の部品に対応できる企業として
実績と提携先が多い加工部品調達会社3社(2021年7月調査時点)をピックアップしました。
「品質」「納期」「柔軟性」観点で、
あなたの会社が一番重要視するポイントから選びましょう。

  • 品質

    作り直しリスクを最小限
    に抑えたい

    エージェンシーアシスト

    • 加工提携企業
      1,000
    • 業界取引実績
      2,710
    エージェンシーアシストの
    特徴

    部品一個、図面一枚から対応可能(500個~1,000個相談などもOK)
    3D図面の見積もりができる
    ③1級・2級機械検査技能による精度の高い検査が可能

  • スピード

    とにかく早く
    納品してもらいたい

    キャディ

    • 加工提携企業
      600
    • 業界取引実績
      1,500
    キャディの
    特徴

    加工部品一式から対応
    ②案件管理システムによってすべての工程を一元管理
    ③社内の見積もりシステムで装置図面一式でもスピード対応

  • 柔軟性

    1工程だけや追加工
    を依頼したい

    テルミック

    • 加工提携企業
      500
    • 業界取引実績
      1,000
    テルミックの
    特徴

    一工程・追加工にも対応可能
    ②自社工場を持っており、設計変更ができる
    既存製品への変更相談が可能

選出基準(2021年7月調査時点)
業界取引実績と加工提携先の記載のある企業の中から、実績と提携先が多い加工部品調達会社をピックアップしています。

エージェンシーアシスト:3社の中で1級・2級機械検査技能士が1番多く在籍しているため
キャディ:3社の中で唯一独自のシステムにより見積りを行い、全国どこでも最短5日で発送できるため
テルミック:3社の中で唯一、1工程のみ追加工対応と記述があったため
なお、各社の提携先企業・業界取引実績は2021年7月に調査したものを掲載しています